わが北鎌尾根、剱岳よ おちこちの山   楽山社

はじめに
”僕らと私達の試み”をお届けします。ホントにお待ちどう様!登れるってこと、歩けることは、なんと素晴らしいことか!
北鎌尾根(槍ガ岳)−剱岳−南アルプス−北ア・後立山連峰なる天上界に、無心に嬉々として遊ぶ童子、童女たち。
はじめ、処女作の統一テーマは「北鎌尾根」一本槍でした。当然の顔をして「剱岳」が加わり、さらに「彼方此方(オチコチ)の山」が連なりました。みな持味ゆたかな作品です。
×        ×
僕らは一流アルピニストでもなく、気取る齢でもありません。が、山を慈しむ気持ちはおんなじです。がむしゃらな力もありませんが、結構、敢闘精神の持主でした。
献身性と優しさが一つ心となり、山という絶対的存在のフトコロの中で歩を進めました。急がず、休まず、仰ぎ見ず。坪山リーダーが、しっかりと小舟の舵取りをしてくれました。”ぼつぼつ叙情的登山に切り替えたい”という喘ぎがきこえ始めたのも事実です。
×        ×
一見、地味な僕らの小舟ですが、謙虚で素朴、豪気で沈着なクルーは、並みではありません。キラキラした青春の記憶を密封した宝船には、逞しい漕ぎ手たち。
やがて訪れるであろう冬の日、山嶺に射す旭光も淋し気に、友を偲ぶ心の打ちふるえる時、生きた証として煌めく私達の試みの「結晶」に幸あれ!
合 掌
平成2年3月
篠宮編集子


はじめに
目 次

第1部 北鎌讃歌

ありし日の北鎌尾根         坪山 晃三   8
北鎌分裂症行進曲          原田 祥子  15
北鎌、女ひとり             坪山 淑子  50
北鎌尾根を行く             相田  浩  76
私の槍ヶ岳               楊  雪来  87
幻の北鎌尾根             篠宮 良幸  96
北鎌尾根への近道「トシコ沢」    坪山 淑子 121

第2部 劔岳鑽仰(サンギョウ)
(E872)
剱岳鑽仰(サンギョウ)

古代剱山(タチヤマ)に懐う          白川  長 128
剱岳に魅せられて             坪山 晃三 130
天界に遊ぶ                 篠宮 良幸 140
剱岳−あの日見た不思議な現象    原田 祥子 144
私と剱岳                   坪山 淑子 150
人と山 剱岳初登の感慨          陳  喬喬 161
出会い(人と山と酒)            高橋 民枝 167
剱岳−ブリザードの中の単独行     宮下  功 181
長次郎雪渓を登る              相田  浩 191

天外の花  九首             原田 祥子 197

おちこちの山

鳳凰三山初山紀行            渡部 明美 204
                    ワタナベ ハルミ
白峰三山縦走               相田  浩 218
ある遭難さわぎ              坪山 晃三 222
平成元年秋の後立山連峰で

○若干の資料
T 「立山」−−深田 久弥              230
U 中央線から見える槍・穂高            238
V 五九峰の標高が伸びた              240
W トレッキング・イン・ネパール   山田チエ子 243
(抜粋)

あとがき